Vivvo 4.5の新機能

新しくなってさらにフレキシブルなライセンス構造のVIVVO4.5のリリースです

2年に及ぶ企画開発を経て、ついにVivvo 4.5のリリースです。新バージョンでは版の自動保存や解析統合といった新機能だけでなく、パフォーマンスと拡張性が大きく改良されました。バージョン4.5の登場はVivvo CMSがニュース出版用コンテンツ管理ソフトウェアをリードする存在であることを確かなものにし、Vivvoを使って構築された最近の企業WEBサイトがそれを証明しています。

新しいライセンス構造は2010年5~6月のVivvo CMS 4.5ゴールドのリリースと同時に有効となります。それまでは現行ライセンス/価格条件でのご購入が可能です。その他詳細についてはこちらからお問い合わせいただくか、03-5545-4110までお電話ください。

エディション

多くのソフトウェア業者の場合、ユーザーごと、管理者ごと、ページ数ごとといった具合にライセンス購入が必要です。ソフトウェア業者の収益を考えると素晴らしいコンセプトですが、お客さまの立場からすればお困りのことでしょう。当社のモデルでは常にウェブサイトの小・中・大というタイプ別での使われ方に焦点を当てています。数年の時を経た今、一歩踏み出してベーシックなスタンダードライセンスを廃止し、新しい利便性を追求する時がやってきました。 - それがビジネスエディションです。

Vivvoの新しいエディションは、ビジネスエディションです。¥80,000

スタンダードライセンスは廃番となり、全てのライセンスは無料でプロフェッショナルエディションにアップグレードされます!

Vivvoファミリーに新しく仲間入りした新エディション(ライセンス)、ビジネスは成長過程にあるオンラインビジネスのあらゆるニーズを満たすよう特別にデザインされています。中規模サイズのニュースやメディアポータルに理想的なエディションです。プロフェッショナルライセンスでは手狭になり、従来のライセンスで構築されるウェブサイトから、もっと多くの利便性を引き出したいお客さまに向けて導入しました。

サーバーライセンス

Vivvo初のサーバーベースのライセンスです。開発者ライセンスサーバーライセンスとなります。つまり、シングルサーバー内であれば無制限にいくつでもウェブサイトを展開してよいということです。ひとつひとつのサイトごとに個別のライセンスを購入する代わりに、一つのライセンスキーが特定サーバーのIPアドレスに結びつくことで、そのライセンスキーの元で全てのサイトの操作が可能になります。

新しい開発者ライセンスの条件および制限は今後ご購入いただくライセンスにのみ適応されます。過去に開発者ライセンスをご購入(または新ライセンス構造が有効になる前にご購入)いただいたお客さまには、購入時の諸条件が適応されます。既に開発者ライセンスを保有されているお客さまにつきましては本件は影響いたしません。

新ライセンス条件における主な違い

利用規約の変更部分はそれほど多くありません。お客さまが喜ばれるであろうことの一つに、誰もが"Vivvoによって運営されています"という文言を削除する権利が与えられます。(以前はスタンダードライセンス所有者は制限されていました)

価格は上がったんでしょうか?

答えは「はい」でも「いいえ」でもあります。開発者ライセンスはほとんど据え置きに近い一方で、エントリーレベルのライセンスが¥80,000になります。しかしながら、この変更には十分な根拠がございます。

  • 私たちは商品とサービスを合わせて改善し続けています。バージョン4.5は機能面においても拡張性においても多くの改良が加えられました。
  • 市場において、この価格帯で同じ機能性と技術サポートを提供するPHPベースのCMSソリューションは他にありません。いくつかの商業用ソリューションなどでは管理ユーザーの数ごとにライセンス料金を課しているところすらあります。現在のVivvo CMSの価格は他のオープンソースコンテンツマネージメントシステムにおける商業用エディションや、技術サポート年会費より実際低いのです。
  • お客さまから寄せられる追加機能や改良についての数多くのご要望にお応えするために、開発者の数を増やします。